10月はこの質問にズバッとお答えします!(第37回宇場稔講演会)

今月の質問はこれ!

  1. ZEROの法則P42「お母さんも、お父さんも、自分ではありません。間違いなく「他人」なのです。」
    と、ありますが、「他人」とは、どういうことですか?
  2. ZEROの法則P332「自分の意識が加害者となり、自分自身の意識が被害者となる現象を、内的自傷行為」といいます。」
    とあります。
    「内的自傷行為」について、お聴きしたいです。
    私の場合、何か言われた時に「嫌われたかもしれない」って思いやすいです。
    その性格に、生きづらさを感じています。これは、生涯かわらないもので、人生において必要な性格なのでしょうか。
    結局、自己卑下してて、自分で自分を傷つけている内的自傷行為にあたりますか?
  3. ZEROの法則P185「AIロボットとAI兵器によって支配され、やがて自己破滅と自己破壊の結果を余儀なくされていきます。」とありますが、今後、私達はAIやロボットを愛で統合し、うまく共存していくにはどうしたらいいでしょうか?

「肉体は他人である」 
この事実を知り、理解したならば、
きっとあなたの新しい人生の幕開けとなるでしょう。

肉体が他人としたなら「本当の私とは?」「私は私の人生を生きているのだろうか?」という疑問に行きつきます。

講演会で「本当の私」がハッキリとわかります。
ですから、真の自分の人生を歩むキッカケになります。

講演会は、宇場稔先生と若者との対話形式で、開催いたします。

どうぞお楽しみに!

詳細、お申込みはこちらから。

株式会社セルフ・ヒーリング実践研究会

講演会

講演会