出版物

ゼロの革命

宇宙はゼロの法則という普遍的な見えざる働きかけによって、すべてが仕組まれ運行されています。

1章 不自由な「地球生活」から解放される、自由な「宇宙生活」とは    ――死線を超えたところに人生の共通目的がある

2章 時間軸に支配される「過去・未来」から、時間軸を解放する「今」へ    ――不調和と無秩序を解決する「ゼロの法則」

3章 現世利益に基づく「知識」から、霊世利益に基づく「意識」へ    ――ゼロの揺らぎ理論の原点は意識

4章 欲望と不自由の「地球意識場」から、愛と自由の「宇宙意識場」へ  ――宇宙はゼロにして無にあらず

5章 地球限定の「物質素材」から、宇宙で使える「霊質素材」へ    ――宇宙では摩擦と葛藤の係数がゼロに近い

6章 依存と不自由の「地球意識場」から、自立と自由の「宇宙意識場」へ    ――親子関係は愛の関係ではなく、恩讐の関係

7章 「エロス」の結婚から、「ロゴス」の結婚へ    ――愛を完結するには「愛のペアーシステム」を

8章 「男性主権社会」から、「女性主権社会」へ    ――宗教では愛の理想世界を創り出すことは不可能

既刊

運のいい子をつくる「自然流」子育て流れに逆らわなければ「結果オーライ」

もう、悩まない! 子育ての苦しみは、自然の法則が解決してくれる頭で考えなくていい。 現代のお母さんならすぐできる、感じるままの自由な育児バイブル。 人にはそれぞれ、誰にも真似のできない光り輝く素敵な魅力(チャーム)がある。 お子さんそれぞれの中に秘めている「キラッ」と光り輝く個性を、 いかにお母さんが引き出すことができるのか。そのためにお母さんは今、何をするべきなのか。 そして、そのベースは宇宙の法則、宇宙のルールに基づいている。 著者の子育ての経験をベースに、宇宙大の大きな視点に立ち、 いかに大きな心の持ち主の子どもに育てていけるか。 そのためのヒントが詰まった、新しいスピリチュアル子育て本。

 

賢い女性たちが描く未来コンパス ―日本の女性の愛と智慧が世界を救う

目次 1 その時、歴史に何が起こり、どう動いたか 2 経済危機はこうして起き、そして、どう乗り切るか 3 パラレボ(パラダイム・レボリューション)とは 4 日本と世界の未来を予測・提言 (日本の社会状況日本の経済状況世界の社会状況アメリカの経済状況諸外国の経済状況) 5 日本の女性の愛と智慧が世界を救う

逆説の真理が運命を拓く宇宙の法則〈前編〉   宇場 稔 (著)

逆説の真理が運命を拓く宇宙の法則は、 地球人の地球人による地球人のための理論ではありません。 地球の常識や定説を超越した、宇宙論的証明に基づいた 地球星のすべてのパラダイムが、 パラドックス(逆説的な真理)に基づいて記述されています。

逆説の真理が運命を拓く宇宙の法則〈後編〉   宇場 稔 (著)

どんなに優秀な個人が自助努力しても、一人では愛を完結する事は絶対に不可能です。 愛を完結するためには理想的なパートナーの存在が絶対に不可欠だからです。 即ち、性分離生命体が様々な問題を提起して複雑化させて、 醜悪の根源になっていますから、一日も早く性統合生命体になりえる 、男女の愛の統合社会とコラボレーション世界を構築することにより、 地球星の役割と責任を完結させるシステムを構築するかということです。 このシステムによって牢獄星を卒業するための夫婦愛の天国を完結して、 初めて家庭の天国、氏族、民族、国家、世界の天国へと版図を拡大して行く事が可能となります。 宇宙論的な聖書としての意味合いも含めて、コズミック・バイブル(宇宙聖書)としての提言もしています。

 

宇宙聖書―COSMIC BIBLE    宇場稔 (著)

地球星定説のパラダイムを、そして、人類の未来を真逆の宇宙の理論と知慧で解き明かす。 そのキャスティングボートは女性が握っている。

 

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 宇場 稔 大学病院にて放射性同位元素(アイソトープ)を使用して、原子物理学や量子論の観点から 生命科学における研究活動に没頭する。その時代に、放射線と生体エネルギーの相対現象における、 オーラに関する様々な現象を通して、多くの超科学現象を確認する。その後、超科学の世界に惹かれ 大学病院を退職して、経験主義をコンセプトに様々な超常現象を自ら体験する事により、 超科学の世界を実存的に証明する、独自の統合的相対理論を感得し体系化して現在に至る。 現在は(株)セルフ・ヒーリング実践研究会の顧問をしながら、 パラレボな生き方の実践指導を楽しく行っている (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)