埼玉県在住 Y.Mさん 40代 女性

 

私は自分が大嫌いで、でもそんな自分をなんとか変えたい!という思いもあり、自己啓発や成功哲学などの本を読んだりセミナーに行ったりもしました。

でもなかなか変われず、私はダメなんだ…と否定するようになり、もっとネガティブになっていきました。

ネガティブはいけないものだと思っていました。

でもネガティブがダメなわけではなく、それがあるからこそ素敵になれる…とこちらの教室で教えていただきました。

法則を学ぶまで「〇〇はよくて□□はダメ」(例えばポジはよくてネガはダメ!とか)という捉え方をずっとしてきたので、ネガティブを肯定することは最初難しく感じたのですが、自分と向き合うことを丁寧にやっていくと、ネガティブな気持ちから自分を具体的に知っていくことができ、法則を使って自分をこういうふうに変えていこう、自分の想いをもっと大切にしていこうという気持ちがでてきて、ネガティブはダメではなく、とても大切な存在であることがだんだん納得できてきました。

自分に自信がなくて、 正しい答えを求め、それをやろうとしていたし、 自分の想いは無視して、既存のルールや人の意見や顔色を重視して自分の行動言動を決めていました。

でも自分と向き合うまで、それをやっていて苦しいとも思っていなかったし、自分の意思でやっていると勘違いしていました。

今までは変えたい!といいながら何かに依存して、変えてもらえるんじゃないかとも思っていました。

でも自分の中の答えを自分で見つけていく、自分で自分を癒していく…これができるようになったら本当の意味で自立できるのではないかと思います。

自信はまだまだありませんが、こうしよう!と思えるようになったこと、できなくてもやり続けようとがんばっている自分が前よりも少し好きになりました。

自分を嫌ったり否定したりしていた時はとても苦しかったのですが、気持ちがらくになってきたのがとても嬉しいです。

神奈川県在住 40代 M.Mさん 男性

何のために生きているんだろう?何でこんな親に生まれたんだろう?

それが、ずっと僕の中のどこかにいつもありました。

親を好きになれない自分。

そして常にイライラして、やることなすことうまういかず。 全部何かのせい、誰かのせいにして生きてきました。

その結果、椎間板ヘルニアに何度もなっては、仕事を転々と変える日々。

僕は仕事もまともに続かない社会不適合者なんだ。

そう思いはじめると、今度は誰とも会いたくなくなりました。

でも、それでは生きて行けず意を決して関西から東京へ転職のために移住しました。

ただ、関西に居づらかったので外に逃げたかったのだと思います。

そこで、結婚をし、子供も2人生まれました。

でも、そこでもまた腰を患い、 心臓の病の前兆が起こりはじめました。

奥さんのために、子供のために、僕は何を残せるのだろうか?何が出来るのか?夫として、父としての生き様って何なんだろう?と真剣に生き方を考えました。

そこで、出会ったのが宇宙の法則でした。

宇宙は全て自分であるということ。

最初はよくわかりませんでしたが、 学ばせて頂いている内に、たくさんの体験をさせて頂く中で、 父を許せなかったのですが、その父を許さなかったことを反省し、直接謝ることが出来ました。

そして、全部何かのせいにしてきた事が、私の捉え方で変わっていくんだということを経験しました。

宇宙の法則というと難しく感じますが、日常で出来ることばかりです。

何かにすがるとか、ではなく自分で創っていく!そしてそのどれも間違いではない。

学べば学ぶほど心が安寧になり結果、人にも優しくなれる学びです。

当時は苦痛でしかなかった経験も、今はありがたいなと思えるようになりました。

それは、その経験があったからこそ、この学びに出会えたからです。

 

神奈川県在住 60代 K.Iさん 女性

パラレボ理論を学んで9年になりました。

最初は、基礎的なお話しでしたが、理解するのが、目新しく楽しいと感じました。

平成29年3月に「ゼロの革命」が出版され、目的が明確になり、これから学ばれる方は、晴れた霧の中で、速く理解が進むかと思います。

理解をお腹に落とし込む実践も、ゆるゆると行ってまいりましたが、時代とともに超速的に進まなくてはなりません。

法則に従い、日々を感謝と喜びで受けいれるべく意識を手向けたく想う今日です。

神奈川県在住 40代 G.Kさん 男性

これまで何をやっても三日坊主で長続きしたことがなかった私が、初めて自分の意思で学ぶことを決めて学び続けることが出来ました。

その理由は ずっと探し求めていたものに出会うことができたから。

そして教室で学んだことを日常生活で実践してみたら、ビックリ仰天、信じられないくらいの短期間で変化があり、結果を出すことができたからです。

この教室で教わったことは、悩みを解決して現状を変えたかったら、自分が変わるしかない!ということです。

何かにすがったり、誰かに頼ったり、依存しても自分が変わらなければ結局、何も変わらないということです。

私の人生は180°劇的に見事に変化しました。

今では悩んでいたあの頃の自分が嘘のようです。

自分を変えるための三要素は 確固たる目的観と揺るがない信念、そして勇気。

これさえあれば、どんな人でも変われます。

だってこの私が変わることができたのだから。

人生をドラスティックに変えたい!という方にはゼッタイにおすすめの教室です。

東京都在住 60代 S.Sさん 女性

私は結婚して35年になります。

同居していた義理の母との生活は大変でした。 うまくやっていきたい、波風を立てたくないと思う気持ちが強く、感情を抑えて、私が我慢すれば家族がうまくいくと…「いい嫁」をしてきました。

5年前から 教室で勉強させていただくようになり その中で自分と向き合う事ができるようになり、いろいろな気付きがありました。

被害者意識が強く、義理の母の嫌な部分しかみられなかった私でしたが、その嫌な部分が私にもあると解り、深く反省しました。

そして、 義理の母を受け入れられるようになり一緒に教室に通うことができるようになりました。 教室の皆さまに助けていただきながら、義理の母に寄り添っていく事でだんだん理解していけるようになり、 恨みの気持ちもなくなってきました。

義理の母が変わってきました。 私を頼ってくれるようになり、穏やかに なってきました。

そして今から1年4か月前、心からの感謝の気持ちで義理の母を見送る事ができました。   教室で勉強させていただいたお陰さまです。 ありがとうございました。

埼玉県在住 60代 K.Nさん 女性

子どもの頃から母が嫌いでした。

その理由がずっと分からなくて、、ただ嫌いだったという思いでした。

パラレボに出会い、色々な思いを巡らせました、が、今感じる事は、 母の胎内に宿りその私を10ヶ月お腹ので育て生まれてからも夜昼と母乳を与えてくれました。

小さい頃から弱々しい私でしたが、大病もせず今がある。

これを私は、ずっと当たり前の様に思ってきました。

が、胎内の子を流すことなく受け入れて育ててくれた。

事故に遭う事もなく育ててくれた。

そして今、大人になっても元気にいられる。

ひとつ、ひとつが当たり前ではなく奇跡の様な事だった。

母がいてくれたから今があることを 今、やっと解るようになりました。

神奈川県在住 60代 J.Yさん 女性

お教室に 通い 学ばせていただいたことは たくさんありますが 、今 私が 地球星で 生きているということは 私自身が 決めてきたこと 。

私の 周りで起こることは全て 自分の中に内包されたものが ただ 現象化されているだけ であり、全ては 自分が原因であり その結果を受けているだけのこと 。

現象も 自分の意識次第でどうにでもなり、意識は自由であり 全ては自分の捉え方である。 自分の中に全ての解決がある 。

等々を 学ばせていただき ました。

少しずつですが自分を見ていく楽しさを味わっています。

  短くすると、、、 全ての現象は自分の中に内包されているものがただ出てきているだけ。

それは、自分の意識でどの様にも解釈可能である等々を、學ばせていただき日常に生かさせていただいております。

神奈川県在住 30代 H.Iさん 女性

●教室との出会い
私が教室に出会ったとき、心身共にボロボロな状態でした。
二十九歳、人生もうヤケクソ、仕事なし、病あり。
私は体力がどんどん低下していく中、いくら面接を受けても通らず、体調もよくなる気配はありませんでした。
病院で診断も受け、薬も処方していただいていたのですが、薬を飲むことはせず、診察を受けるのもやめました。
なぜなら、私の思っている「病は気から」が正しいと周りの人たちに証明したかったからでした。
それが立証されれば、病院へ行かなかったことも結果として肯定される、証明できなければ死んでいくだけだと思いました。
私はずっとずっと死にたいと思って生きていましたから、これで死んでいくのならばそれで良いと思ったのです。
そんな私を心配した友人が、教室を教えてくれました。
彼女とは妙に気が合って、ネガティブなテンションも似ていて、気軽になんでも話せる友人でした。そのネガティブだった友人が、急にポジティブ発言をしていることにビックリして、どうしたんだろう?何があったんだろう?と不思議に思っていたところ、実は……ということでした。
それが教室との出会いでした。
そこで神代ゆう先生と、宇場稔先生と、パラレボ理論を学ぶ仲間に出会いました。

●素朴な疑問への答え
「母には産んでくれただけで感謝」「地球生活は宇宙生活の準備期間のためにある」
この二つがまず鮮烈に私の中に入ってきました。
ずっと持っていた私の中の疑問への答えだったからです。
なぜ母に産んでくれただけで感謝なのか?なぜ今私は生きているのか?という疑問への。
そして事実に基づいた答えだったので、納得せざるを得ませんでしたし、心の奥深くで納得している自分自身も感じました。
それと同時に「人生の目的に向かっていきたい」「母を愛せる私になりたい、親孝行できる私になりたい」と決意しました。
あんなに知りたくて、でもどこにもなくて、あきらめかけた「なぜ生きているの?何のために生きているの?」「母との関係性はどうしたらいいの?」がこんなに身近なところにあったとは……。
パラレボ理論はとにかく面白く、心の砂漠に降った奇跡の雨のように感じられ、今まで灰色だった世界がその恵みの雨によって息を吹き返し、キラキラと輝いて見えました。
どんなことも楽しく、ただ息をすることも、ただ電車に乗ることも、ただただ楽しく感じられました。
神代先生の講義も何もかもが新鮮で、もっともっと聴きたくて、結局その月の講義はすべて出席させていただきました。
生きることが初めて楽しいと思えたのです。
どんなことをしても何が起こっても意味がある……こんな素敵なことがあるでしょうか……?

●病気と母へのアプローチ
神代先生の講義により、目的なく存在しているものはない、よって病気にも存在目的がある、それは自分自身へのメッセージである、病気は目的を達すれば消滅していく……と教えていただき、今、私がすべきことを知りました。
それは、感謝、でした。
振り返ってみれば、私は感謝のかの字もしてきませんでした。生きたくなんかないのだから、生きている今に感謝などできない……それが私でした。
人生の目的を知った今、初めて感謝ということに心を向けることができました。
すべてに謝る気持ちでした。
母には産んでくれただけで感謝、と教えていただき、納得もしましたが、それまでに積み重ねた感情は重く、心から感謝するには遠い道のりのように思えましたが、今できることから素直にやってみることにしました。
愛するということは理解することです、理解するにはコミュニケーションをとることです、と教えていただきました。
母の顔を見るのも嫌、言葉を交わすのも嫌、触られるのももちろん嫌、目を合わせることもできない、でも、やるのだ、目的に向かって。
メールと、電話、「産んでくれてありがとう」と伝える事、夜には自分の体にごめんねとありがとうと意識を向けました。
それから一ヵ月経った頃、歩いて駅の階段を登ることが難しくなり、タクシーで教室まで向かいました。そして一人では危ないと、教室で出会った仲間の部屋に泊まらせていただいたり、お世話になっていました。私をあたたかく迎えてくれた仲間が、私の心を溶かしてくれました。
人とはこんなにもあたたかいのだと。
こんな私にも優しくしてくれる人がいるのだと。
感謝でした。
心は元気いっぱいだったのですが、身体はもう限界を迎えていたのです。
とうとう私は自力でトイレに行くこともできなくなりました。
救急車を呼び、入院させてもらうことにしました。

●生存率20%
入院してすぐにICUに運ばれ、あなたの栄養状態は九十六歳のおばあさんがご臨終ですという時の栄養状態ですと言われました。
食べ物はもちろん、飲水も制限されました。トイレも自力でいけないので管が入りました。
肺に穴が空き、管が入りました。合計で十本くらいの管につながれていたと思います。
それから一日後だったでしょうか、口から大量に血を吐き、強烈な痛みに襲われました。腸に穴が空いたのです。
運のいいことに、輸血量は大量でしたが病院に備蓄があったこと、腸専門の先生がいたこと、などなどで私はまだ生きていました。
しかし、この出血が止まらなければ死にます、生存率は二十%と言われました。
何かできることはありますか?とお医者さんに聞きましたら、お医者さんは静かに首を振りました。
まさに、天を仰ぐ、という気持ちでした。
小腸全摘か、このまま待つか。結果として待つことにしました。
私にはパラレボがありました。
このようにしたのはまさに私自身である、と自分が一番よく分かっていました。
生きても死んでも、今の私がしたいこと、できることはひとつでした。
感謝、です。
寝返りすら自力ではできないほど筋力も落ちて、骨と皮と、内臓だけという状態の私であっても、教室で教えていただいたとおり、意識は自由だとつくづく実感し、そのことにも感謝を感じました。
世間ではお休みとなるゴールデンウィークが私の山場でした。家族も集められました。
なぜか母は、その時、足を骨折し病院に来ることができなくなり、私はホッとしました。
死ぬとしたら、母親には絶対に来てほしくないと思っていました。穏やかに死にたいのに、心がどうしようもないほどザワザワするに決まっているからです。
心の余裕がなくなって叫んだり、看護士さんに殺されると妄想に憑りつかれたり、そういうこともありました。
でも、今の私にできる可能な限り、感謝を意識しました。実際にすべてに感謝だったからです。
その結果として、今、命をいただけているんだと思います。
パラレボ理論によって、人生が変わった、という言い方では足りないですね、人生そのものをいただいてしまったのですから。
私を受け入れてくれた先生方と、仲間に深く感謝します。

●母との関係性
山場を脱した私は快方に向かうべく入院生活を送っていましたが、母親への想いはまだまだ重いものがありました。
入院生活は、快適で、幸せで、楽しかったのですが、母がお見舞いに来た時だけ、私は何とも言えない不快に苛まれました。
この母との関係性が私の人生に暗い影を落としてきたのは分かっていました。
退院したら、母と一緒に暮らすことなどできないから、一人暮らしに戻る、とずっと主張していましたが、物理的には無理な話でした。
結果として、退院後は山梨の実家で過ごすこととなりました。
母と、母の母(私の祖母)と私の三人です。一緒に住むこと、私を受け入れてくれ、感謝でした。
私と母との関係は、冷たく重く、血の通っていない関係だと私は感じていました。
大嫌いな母。
でも、産んでくれただけで感謝なんだ……そのことは分かるから、そこに近づけるようにしていきたい、親孝行したい、ということはいつも思っていました。
私の中で、親孝行とはパラレボを知ってもらい、できたら一段でも心の階段を上がっていただくことだと思いました。
そのためには、山梨にいては難しい、母と神奈川で同居しよう、そう心に決めました。
私は五人兄弟の中の一番上です。私、妹、妹、弟、弟、です。
母が一番愛していたのは長男である弟でした。兄弟喧嘩をすれば、母は理由も聞かずに必ず弟の味方をする、ご飯のおかずは弟に多く盛る、一事が万事そうでした。
そのたびに私は、母には弟さえいれば私などいなくても良いのだ、私の存在価値は無い、勝手に産んだのはそっちだろう、私は生きたくなんかない、そういう想いがして、それを積み重ねた三十年間だったのです。
ところが教室で神代先生の講義を聴いて、ビックリ仰天、目をむいてひっくり返るような気持ちになりました。なぜなら、親が子供を選んで生むのではなく、子供が親を選んで生まれてくる、というのですから。
そして、自分を生んでくれた母親に対する気持ちがネガティブであれば、そこから続く人生はネガティブに広がっていき、ポジティブであればポジティブに広がっていく、というのです。
心のどこかですごく納得して、ちょっとホッとしている自分もいました。もう母親を憎まなくていいからです。
こんな私でも晴れの道を歩めるかもしれない、という希望がありました。
教室の多くの仲間に支えられながら、何度もくじけそうになりながら、母を理解し、許し、愛する方向性に向かってコミュニケーションをとること、祖母も同時に教室で学んでいることを話していくことなど、やり続けました。

●母を理解する
六十代後半と九十代の二人。
私の中では神奈川に引っ越して来るというのは決定事項でありましたが、祖母と母には何も話していませんでした。だけど、それが二人の人生を明るくしていく方向だと私には確信がありました。
しかし、現実には高齢になっての引っ越しはなかなか感情的に難しいものがありました。
私の心にも準備が必要でした。
引っ越しをひとつの目標に、「母のことを知る」をやっていきました。
どういう気持ちで育てたの?なんで気持ちわかってくれなかったの?弟が大事だったんだよね?などなど具体的なことまで踏み込んで聞くこともありました。
そのうちに私は少しずつ、母のした苦労、母の立場を理解し始めました。
私が小学四年の時に両親は離婚していますので、子ども五人を女手一つで育て上げたわけです。
暮らしていた環境も過酷でした。
水道が通っていない時もありました。
余裕などなかったのです。それでも、大人になるまで私を飢える事なく育ててくれた。
そういうことが分かってきたのです。
そうすると、私は自分のことしか考えていなかった……母親だから当たり前って思っていたけれど、それは間違っていた……こんな私を生んで育ててくれたんだ、と感謝の気持ちが湧いてくるようになりました。
引っ越しという結果に至るには三年くらいかかりました。
その間に、母と祖母は、教室に毎月三回通う、ということをコツコツと積み重ねてくれました。
引っ越しもしてもいいと言って、片付け等も努力してくれました。
母になぜ引っ越してもいいという気持ちになったのか?と聞いたら、○○(私の名前)が変わったからよ、と。

●教室は愛、母に感謝
私はずっと、病気を周りに迷惑がかかるまでわざと薬を飲まずチャレンジしたことを後悔して、自分で自分を否定していました。
なんであんなことやっちゃったんだろう……?
病は気からはそうだと思うのになぜ治らなかったんだろう……?
それもだんだん解けてきました。
あれは復讐だったのです。母に対する恨みを原動力とした復讐だったのです。
私の中の恨みの気持ちが、病の原因となり、反社会的行動に駆り立てたのです。
私を見て!認めて!という叫びでもありました。
動機が恨みならば、結果もそうなる、ただそれだけの事でした。
恨みでいっぱいのテロリストのような私であったのに、受け入れてくれた教室。
それは愛以外の何ものでもないとおもいました。
私が少しでも変われたとしたら、それは教室の愛があったからです。それなしには私は育たなかっただろうと思います。そして支えてくれる仲間。
それから、こんな私と同居してくれた母、私の話を聞いてくれた母、そして私を産んでくれたことに感謝します。
これからも感謝を胸に、変わる努力をしていきたいとおもっています。

神奈川県在住 10代 N.Kさん 女性

入会前は家族との関係があまり良くなく、居心地が悪く、自分の居場所がない感じがしていました。

そんな時、母がお教室と出会い変わっていく姿に影響を受けました。

人は何歳でも自分次第で変われるんだと教えてくれました。

さらに、お教室でお話を聞いて実践していくうちに自分の変化や周りの環境の変化を感じました。

昔の自分より今の自分の方が好きだと言えます。

神奈川県在住 20代 Y.Sさん 女性

教室で勉強する以前の私は、とにかくネガティブで、人からの評価をとても気にしていたので、人間関係でいつもストレスを抱えていました。    

その問題を解決する方法を教室ではわかりやすく具体的に教えて下さったので、素直に実践するとすぐに変化が現れてきました。

 講師の方が特に繰り返し伝えて下さったことは、「お母さんを理解する努力をしましょう」ということでした。

 自信を持ち、ポジティブに自分らしく生きるためには、お母さんとの関係を良好にすることが、とても大切だからです。    

その言葉を素直に受け取り、毎回講義で教えて下さることを実践した事で、 今では考え方が前向きになり、自分らしく自信を持って生活できるようになってきました。

こんなにも気持ちが穏やかになる日が来るとは、夢にも思っていませんでした。

 自分の心と向き合う作業は、時に辛く感じることもありましたが、講師の方々や温かい仲間に支えて頂き、今の自分になることができました。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。