親とわたし

親子関係は愛の関係ではない?!

ぜわたしの両親は、このひとたちなのかしら? と疑問に思ったことはありませんか?
または、わたしは川で拾われてきたんだ! なんて。

巷では「親子関係は愛の関係だ」という言葉は溢れていますが、現実を見ると、果たして本当にそうなのか疑問に思うことはありませんか?

なぜ虐待が起こるのでしょう?
なぜいつも犠牲になるのは子どもたちなのでしょう?

実は、親子関係は『恩讐関係』だからなのです。

なぜ『恩讐関係』といえるのか? はたまた『恩讐関係』ってなに?! という問いには、少々長い文字数を割かねばなりませんのでここでは割愛します。
ホントは割愛できない重要なポイントなのですが、だからこそ、丁寧にご説明したいと思うのです。
Face to Faceでお話を聴く方が断然理解度が違うと思いますので、興味のある方は『わくわく「氣」ランド』へ体験にいらしてみてください。

なぜ親子関係が私の人生を拓くカギなのか

て、この恩讐関係を解くことが、私の人生を切り拓く原点となってくるのですが、それも事実に基づいて証明することができます。

あなたはこの地球生活を送る前はどこにいましたか?
そうです、お母さんのお腹の中です。
母親でなく石から生まれた人はいますか? 空気から生まれた人はいますか? 動物から生まれてきた人はいますか?
いません。
すべての人間は母親のお腹の中から生まれてきたという事実がここにあります。

その事実を持って、すべての人間の出発点は『母親』にあるということが証明されました。
つまり、私の人生の出発点は『母親』というわけなのです。
もうお分かりですね?
『母親』(と、父親)への想いが私の人生の出発点であり、その延長線上に私の人生があるのです。

さあ、胸に手を当てて、自分の人生に思いを馳せてみてください。
思い当たるフシがあるのではないでしょうか。
この『恩讐を解放する』ことなしには、人生を拓くことの出発点には立てないのです。

でも、このことを知ったあなたはもう人生を拓くカギを手に握りました。
どう解放したらいいかもパラレボ理論ではすべて解明されています。
ただ、頭で知識として入れてもあまり意味はありません。
いちばん大切なのは、あなたの日常で活かす、実践してみる、ということです。

わくわく「氣」ランドやママさん対象教室などで、その具体的な実践方法を公開しています。

[サイト内リンク]